平成31年度保育所等利用申請開始!綱島の保育園の入りやすさは?

保育園 育児
スポンサーリンク

平成31年度の保育所等の利用申請受付が始まります

現在、利用案内&申請書に先立ち、就業証明書だけ配布が開始されています。

大倉山にある港北区役所だけでなく、綱島の子育て支援施設「どろっぷサテライト」や日吉駅の行政サービスコーナーでも申請書セットが入手できます(ただし就業証明書のみ、区役所・ダウンロード以外での入手はできません)。

また、港北区webサイトからもダウンロードできるようになりますので、保育所等に申し込む場合はチェックしましょう。

保育所・保育施設

 

◆(港北区)平成31年度 4月一次利用調整 申込締切日
平成30年11月5日(月)【消印有効】

 

仕事に復帰される方は、上記期限に間に合うように就業証明書を勤務先に記入してもらえるよう、スケジュール管理を念入りにしておきましょう!

 

追記(2018.10.17)

横浜市保育所申請の書類のうち、「支給認定申請書(2・3号用、兼認定内容確認票)」「利用申請書(2・3号用)」「2号3号認定理由申立書」について、ネット上で作成することができるようになりました。国のマイナンバーポータルサイト「ぴったりサービス」上で作成し、最後は印刷・自著の上、期限内に郵送する流れになります。ネット上で申請が完結するわけではないのでご注意ください。詳しくは、横浜市サイトの下記ページをご確認ください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/shien-new/h31sakusei.html

 

 

綱島の保育所の入りやすさは……?

保育園児

年度により差がありますが、ずばり、綱島は保育所に入りやすいエリアではありませんが、同じく子育て世帯に人気のある町・武蔵小杉よりはだいぶマシといった感じです。

 

・高収入世帯でない
・両親共にフルタイム勤務の会社員(自営業ではない)
・65歳未満の祖父母と同居していない、近隣(市内?)に居ない
・父母どちらかが単身赴任している、あるいは、毎月2回以上夜勤や出張(宿泊を伴う)がある

このあたりの条件を満たしている世帯が20園程度申請すれば、どこかの園に「0歳入所」はできるのではないかと……思います(笑)

大変歯切れが悪く申し訳ありませんが、保育所希望や空きの事情は、年度によってかなり異なってきます。綱島エリアに新設園がたくさんできた年は入所難度が下がりますし、巨大マンションができた年には入所難度が上がるでしょう。今後、旧日吉アピタ跡の巨大マンション群ができた後は、しばらく激戦に拍車がかかってしまうかもしれませんね。

「1歳入所」は現在既に激戦ですが、30年度については、上で述べた程度の条件で入所できている方も散見されました。加点を得るために、大変ですがまず9月頃から認可外保育所に預けたという方もおられました。

ちなみに横浜市では、一人目の子どもをすでに入所させている場合、次のきょうだいの入所はかなり優遇されるようです(同じ保育所に入れてもらうことができる)。ここまで述べた事情は全て一人目の子どもを想定しておりますのでご了承ください。

まずは申請資料を隅々まで読み込んで内容をしっかりと把握し、希望保育園は多めに書いて、不備がないように提出することが重要です。

幼稚園・保育園情報冊子

あとは、上記写真のように、綱島エリアの幼稚園・保育園情報を掲載したガイドブックが綱島の書店で売られていますので、希望保育所記入時の参考にしてみてください(もちろん新設園は載っていませんので、インターネットや区役所等で情報収集することが必要になります)。

皆さまが納得のいく保活ができますように……!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
綱島ブログ

コメント