綱島エリアで、子どもを屋内で遊ばせられる場所!地域子育て支援拠点などを紹介

どろっぷサテライト 育児

綱島エリアでは、子どもたちの姿が多く見られますよね。最近新しいマンションの建設が多く、ますます子どもの人口が増えてきていると感じます。

子育てをするにあたって気になることの一つが、子どもを遊ばせる環境。幸い、綱島には公園や自然が多く存在します。そして、身近にあるとよりありがたいのが、室内で遊べる施設です。

この記事では、特に幼稚園や保育園に通う前の小さな子が安心して屋内で遊べる施設についてご紹介いたします(※情報は2018年10月16日時点のものです)。

スポンサーリンク

綱島東の地域子育て支援拠点「どろっぷサテライト」

どろっぷサテライト

綱島東の諏訪神社近く、綱島東小学校のお隣にあります。“横浜市内在住の0歳~未就学児とその保護者、および妊婦とその家族、子育て支援に関わる地域の方”が利用対象の、港北区の地域子育て支援拠点です。こちらは、大倉山にある「どろっぷ」の“サテライト施設”という位置づけで、「どろっぷサテライト」という名前になっていますが、綱島エリアで子ども(乳幼児)を持てあましたらココ!だと思います(笑)ママさんパパさんにとっては非常に頼もしい施設です。

屋内で、おもちゃやお絵かき、ねんど等で遊ぶことができます。庭もあって砂場や三輪車等があるので、ちょっと外に行きたくなった子にも対応できて助かります。育児相談やイベントも行われていて、“パパの会”などの交流会もあります。保育所等の申請書の配布や、『横浜子育てサポートシステム』登録&説明会等の開催もあるのでとても便利です。

毎日とても賑わっているので、ママ友を作りに行く場所として非常に良い施設です。逆に、交流をそれほど求めていない方もいらっしゃいますし、スタッフさんは誰にでも優しく・ほどほどに話しかけてくれるので、『人と話すのが苦手……』という方も恐れずに訪問してみると良いと思います。

ちなみに、夏の平日午後などは大変混雑することがあり、入館制限がかかることも。WEBサイトのトップページで混雑状況等の情報を表示してくれているので、出かける前にチェックすることをおすすめいたします。土曜日ならば、激しい混雑は滅多にありません。

開 館: 火~土 9:30~16:00
(※土曜日午前は両親学級実施のため入れない場合があります)
休 館: 日・月・祝・年末年始・特別休館日
利用料: 無料
トップ
どろっぷは妊娠期からあなたの子育てを応援します。妊娠中、産後すぐから就学前までの子どもとその保護者が遊び・交流したり、子育て相談ができます。また、地域で子育てを応援している方々も気軽に立寄って過ごせる場所です。

親と子のつどいの広場 日吉本町「こんぺいとう」・樽町「ひだまり」

どろっぷサテライトよりやや小規模になりますが、子育て親子の交流、つどいの場の提供、子育てに関する相談の実施、情報収集・提供等を目的とした『親と子のつどいの広場』が、綱島周辺には2つあります。

日吉本町の親と子のつどいの広場「こんぺいとう」

日吉台中学校やクリエイトの近くに位置する、いつも和やかな雰囲気の小さな子育て広場です。どろっぷサテライトよりも落ち着いた雰囲気であることが多いです。こちらでも子育て相談等が行われています。

開 館: 月・水・木・金 9:00~16:00
火・第2金   9:00~12:00
休 館: 土・日・祝・年末年始・特別休館日
利用料: 無料
つどいの広場 こんぺいとう
日吉のまちの親と子のつどいの広場

 

樽町の親と子のつどいの広場「ひだまり」

樽町の綱島街道沿い、レクサスのお隣、スズキ園芸商会さんの建物にあります。入口は少し分かりづらいかも?利用は有料で、登録料等が必要です。年齢・日時等に条件がありますが一時預かりも実施しています。「プレママ・プレパパ交流会」や、在園児ママを招いて幼稚園の様子等を聞く「幼稚園情報交換会」などのイベントも行われています。

開 館: 月・火・木・金 9:30~15:00
休 館: 水・土・日・祝・年末年始・特別休館日
(※第3土曜日開館。ただし8月、12月を除く)
利用料: 有料(初回見学無料。詳細はサイトをご覧ください)
横浜市補助事業
地域で子育てを応援する広場「親と子のつどいの広場 ひだまり」は平成24年4月、0歳児から未就学児のお子さんとその保護者が気軽につどえる広場として設立されました。 異年齢の子どもたちが安全に群れ、「遊び」を通して「思いあい」を育むとともに、お母さんたちの情報交換や仲間づくりもできる広場を目指しています。

綱島西の「綱島地区センター」プレイルーム

綱島西にある綱島地区センターには、図書コーナーや会議室、体育室等のほか、未就学児向けのプレイルームがあります。滑り台や体を使うおもちゃもあり、元気に遊ぶことができます。特筆すべきは利用可能な時間帯で、月~土曜日は9時から21時までとなっています(日・祝は17時まで)。

プレイルームを利用する場合、受付で用紙に利用人数を記入してください。また、月に数日利用できない日があるので、WEBサイトで確認してからお出かけするのがおすすめです。

ちなみに、この地区センターでは数か月に一度、“おもちゃの病院”も開催されるので、要チェックです!

綱島地区センター - 一般財団法人こうほく区民施設協会
綱島地区センターは、子どもから高齢者まで、どなたも気軽にお使いいただけます。サークル活動、軽スポーツ、レクリエーションを通じた仲間づくりや地域の交流に。勉強や読書に。子育ての場として。

その他、綱島エリアの屋内で遊べるスポット!

綱島西「イトーヨーカドー 綱島店」3階おもちゃ売り場

1982年に開店し、綱島の生活を支え続けるイトーヨーカドー綱島店。3階のおもちゃ売り場にはおもちゃを試して遊ぶことができるスペースがあります。何とベンチも完備されており、パパさん・ママさんがゆったりと座って子どもを見ることができます。また、試遊用おもちゃがきちんとメンテナンスされています……プラレール車両が電池切れで動かないということもあまりありません。とてもありがたいですね。こちらでおもちゃ等を買って応援してゆきたいです。

綱島公園ログハウス「モッキー」(※主に小学生対象)

綱島公園の中に建つ小さなログハウス「モッキー」は、屋内アスレチックや地下迷路があって楽しい場所で、雨の日等でも思いっきり遊びたい子どもたちを満足させてくれると思います。ただし、こちらは主に小学生が対象の施設で、建物内でアクティブに遊ぶ場所になっています。平日午後等の小学生が多い時間帯に乳幼児を連れて行くのは、安全性の観点からあまりお勧めできません。個人的には、小学生以上の子どもでも、混雑している場合は注意して利用する必要がある施設だと考えます。

アピタテラス横浜綱島

アピタテラスについては、有料遊び場「あそびパーク」以外はそれほど充実していないので、コストを掛けずに長時間遊ばせるにはあまり向いていません。2階フードコート内の小さな無料遊び場、書店内の知育玩具試遊コーナー、1階の雑貨屋さんで短時間遊ぶようなコースになるのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
綱島ブログ

コメント