美味!『コッペんどっと』の塩パンはアピタテラスのおすすめNo.1パン

コッペんどっと塩パン グルメ
スポンサーリンク

アピタテラス綱島横浜の1階にある『コッペんどっと』

2018年春に綱島駅と日吉駅の間、綱島街道の通る北綱島交差点にオープンした、アピタテラス横浜綱島。綱島駅からは徒歩10分程、日吉駅からは徒歩15分程の距離がありますが、駐車場利用料金無料で、両駅からバスが出ていることもあり、土日などはかなりの賑わいを見せています。

コッペパン専門店『コッペんどっと アピタテラス横浜綱島店』は、そんなアピタテラスの1階にあります。

コッペんどっと

コッペんどっと

北海道・木古内(きこない)町に本店があり、2016年には市ヶ尾店(横浜市青葉区)がオープンしていました。アピタテラス店は横浜市内2店舗目となります。

コッペパン専門店とのことで、多種多様なコッペパンがウリで、そちらも人気を博しているのですが……一番のオススメ商品は他にあります

 

『ぱくぱく塩パン』が最高に美味しい!バターの風味&絶妙な塩加減

絶品の塩パン

絶品の塩パン

 

一番のオススメ……それは、塩パンです!

手のひらに収まるほどのミニサイズで、1つ60円。表はカリカリ、サクサクの食感ですが、口にすると内側からバターがじゅわ~っと、もちもちとした生地に染みてきて、たまらない美味しさです。外側にまぶしてある『みそぎの塩』がまた美味しく、絶妙な塩加減です。

電子レンジで10秒温めてから食べると、バターの風味がよりしっかりと感じられて美味しさが増しますので、オススメです。ちょうど『コッペんどっと』の横にイートインコーナーがあり電子レンジも使用可能なので、そちらで温めて食べることもできますね。

 

塩パンとウインナー塩パン

塩パンとウインナー塩パン

 

ちなみに、使用されている『みそぎの塩』は、禊祭りが行われる津軽海峡でくみ上げた海水をじっくりと炊いて作られた塩とのことで、素晴らしいアクセントになっています。

塩パンをウリにしているパン屋は他にもありますが、塩の品質の差なのか、バター&塩の絶妙なバランスからなのか、個人的にはこちらの塩パンがダントツに美味しいと感じられます。

 

塩パンシリーズ商品はいくつかある。

塩パンシリーズ商品はいくつかある。

 

ぱくぱく塩パンシリーズとしてはウインナー、明太子、とうもろこし、塩レモン、スイートポテトなど、季節によって様々なバージョンの塩パンが売られているようです。

もしアピタテラスにお越しの際は、まずはぜひシンプルな『ぱくぱく塩パン』を買って食べてみてくださいね。

 

コッペん道土 | コッペンドット 北海道 木古内町の塩パンが名物のパン屋
北海道新幹線開通に伴って新設された木古内駅前の道の駅「みそぎの郷」内にオープンした、塩パン専門店です。2016年12月17日、横浜市青葉区市ケ尾にGRAND OPEN!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
綱島ブログ

コメント